将棋上達を目指す人のためのブログ

20代になってから勉強を始めて、将棋倶楽部24で六段になった将棋指しが書く

【初心者にオススメの戦法】右四間飛車で勝つ楽しさを覚える

初心者にオススメしたい戦法の第2弾は、右四間飛車です。右四間飛車は破壊力抜群の攻撃力を持っているのが特徴です受け方を熟知していないとあっという間に攻めが決まるので、攻め方を覚えるだけで勝率がグンと向上する戦法と言えるでしょう。

当記事では右四間飛車とはどんな戦法なのかを紹介すると共に、なぜ右四間飛車を薦める人が多いのかについても触れています。これから何の戦法を覚えようか迷われている方は、是非参考にしてみてください。

1.右四間飛車の基本的な構え

まずは右四間飛車の基本的な構えを紹介します。
【初手から】
▲7六歩△8四歩▲6八銀△3四歩▲6六歩△6二銀

▲5六歩△6四歩▲7八金△6三銀▲4八銀△5四銀

▲5七銀右△6二飛▲5八金△3二金▲6九玉△4二銀

▲6七金右△4一玉▲7九玉△7四歩▲2六歩 △3一玉

▲2五歩△3三角▲3六歩△7三桂▲4六歩△5一金(図1)

【図1:▽5一金まで】

後手が右四間飛車の構えです。図のように飛、角、銀、桂をすべて6筋に集中させて攻めを狙っています。ここから▽6五歩と仕掛けていくと開戦です。▽6五歩と突くことで上記4つの駒が全て攻めに働くため、高い攻撃力が発揮されます。

2.右四間飛車の基本的な戦い

対居飛車

【参考図1:▽6五歩まで】

参考図1は、相手が居飛車の場合の図です。

先述した通り、右四間飛車側は▽6五歩から攻めていきます。

対振り飛車

【参考図2:▽8五桂まで】

参考図2は、相手が振り飛車の場合の図です。

右四間飛車側は▽8五桂が開戦の1手で、以下▲8八角▽6五歩と攻めていきます。

相手が居飛車でも振り飛車でも使用できるところは、右四間飛車の魅力の1つです。

3.右四間飛車の魅力

ところで、なぜ将棋初心者の人に右四間飛車を薦める人が多いのでしょうか。

これについて、筆者の将棋経験からいくつか紐解くと、以下のような理由があるのではないかと思いました。

記憶するだけで最も勝ちに直結する戦法であるため

先述した通り、初心者の方が右四間飛車を覚えると勝率が上がります。相手が少しでも受けを誤ると、一気に攻めが決まるほどの破壊力を右四間飛車は持っています。仮に相手が事前に受け方を予習をしていない場合、その時点で右四間飛車を使用した側が勝利する、と言っても過言ではないでしょう。

右四間飛車の魅力は勝ちに繋がりやすい戦法であるため、早期に勝つ楽しさを得られるというところにあるのではないかと思います。初心者の頃は将棋で勝つことは大変で、なかなか勝つ喜びを得るまでが長いのが一般的です。右四間飛車を覚えることは最も早期に勝つ楽しさ、喜びを得られる勉強法だと思います。

勝つ楽しさを得るというのは、将棋においてはとても大切なことです。将棋を何年も経験している人でさえ、負けてばかりでは将棋を頑張ろうという気も保てません。ましてや初心者の方が「将棋をはじめたはいいけれど、負けてばかりで楽しくない」という感情を抱いてしまっては、なかなか将棋を頑張ろうにも意欲を持ちのも難しいでしょう。まずは勝つ喜びを得たい、そんな方にオススメの戦法です。

定跡の取得難易度が他の戦法に比べて易しい

また、定跡の中でも取得のハードルが低いのが右四間飛車の魅力です。相手が居飛車でも振り飛車でも、右四間飛車側の構えや攻め方は大きく変わりません。(もちろん細かい変化を書き出せば多岐に渡りますが、初めのうちは2~3パターンの暗記のみで事足ります)

定跡を勉強する習慣は、将棋を長く楽しみたいのであれば必ずといって良いほど必要なことです。定跡の取得がそれほど難しくない右四間飛車を初めに学ぶことで、定跡を勉強する習慣を身につけられるのも、初めに右四間飛車を覚えることの魅力ではないでしょうか。

 

右四間飛車について興味を持たれた方は、最初に覚える戦法として採用してみてはいかがでしょうか。