将棋上達を目指す人のためのブログ

20代になってから勉強を始めて、将棋倶楽部24で六段になった将棋指しが書く

【次の一手|プロの実戦】問題18ー雁木の中盤戦

プロ棋士の実戦棋譜から、これは凄い!と感じた一手や、覚えておくと棋力向上に繋がりそうな手筋などを、「次の一手」の問題形式で紹介します。問題を解いて棋力アップを目指してください。

今回は以下の棋戦からの紹介です。

▲三浦弘行九段 △永瀬拓矢七段 第66期王座戦二次予選 より

【問題図:▲3三歩 まで】

当記事でも永瀬七段の棋譜から受けの極意を学びましょう。いま先手が▲3三歩と垂らしてきました。ここで後手には受けの好手順がありました。三手一組です。

(正解は以下にスクロールするとあります)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正解手順は、▽3四角▲4六歩▽3三桂です。

【正解図:▽3三桂 まで】

初手の▽3四角が受けの好手でした。

正解図以下▲3三桂成の場合、▽7八角成と進めるのが狙いです。(参考図1)

【参考図1:▽7八角成 まで】

先手はあと1押し、という感じですが、ここで有効な攻めがありません。

次に▽3三角と成桂を払われてはいけませんので、▲4三成桂と角取りにしながら逃げるのが自然ですが、そこで▽3四馬(参考図1-2)とされると、先手の攻めが切れ模様になってしまいます。

【参考図1-2:▽3四馬 まで】

参考図1-2以下は、

▲3二歩成は▽同飛とあっさり精算して後手良しです。

▲3二銀は▽2二玉とかわしておけば続きません。

▲2四飛で決まっているように見えますが、▽4三馬▲2三飛成▽3三馬と、攻めの拠点を綺麗にされてしまいます。

 

なので実戦は正解図から▲6七銀と、予め▽7八角成を受けましたが、そこで▽3二歩が好手です。(図1)

【図1:▽3二歩 まで】

3三の地点をガッチリと補強して、一気に後手陣が堅くなりました。

永瀬七段の見事な受けの手順だったと思います。

 

いかがでしたでしょうか?問題の感想などございましたら、コメントをいただければ幸いです。

もしよければ、以下の問題にもチャレンジしてみてください!