将棋上達を目指す人のためのブログ

20代になってから勉強を始めて、将棋倶楽部24で六段になった将棋指しが書く

【次の一手|プロの実戦】問題21ー中飛車の終盤戦

プロ棋士の実戦棋譜から、これは凄い!と感じた一手や、覚えておくと棋力向上に繋がりそうな手筋などを、「次の一手」の問題形式で紹介します。問題を解いて棋力アップを目指してください。

今回は以下の棋戦からの紹介です。

▲窪田義行六段 △畠山 鎮七段 第60回NHK杯テレビ将棋トーナメント 1回戦 第5局 より

【問題図:▲3七歩 まで】

相穴熊の1局から。いま先手が▲3七歩としたところです。先手の穴熊を攻略するにはどのように攻めれば良いでしょうか。五手一組の好手順がありました。

(正解は以下にスクロールするとあります)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正解手順は▽4七歩成▲同金▽3八歩▲同金▽4九龍です。

【正解図:▽4九龍 まで】

手順中の▽3八歩が好手でした(図1)

【図1:▽3八歩まで】

▲4八金上は▽4七金▲同金▽4九龍でマズいので、実戦のように▲同金と応じるよりありませんが、▽4九龍と進んで守りの香をタダで取ることに成功しました。

ちなみに問題図の二手前は、以下のような局面でした(図2)

【図2:▲3八歩 まで】

ここで後手の畠山七段はどう指したかというと、▽3七歩(図3)です。

【図3:▽3七歩 まで】

図3から▲同歩と応じ、当記事の問題図に合流です。▽3七歩だけみると堅いところをこじ開けに行っているように見えますが、▽3八歩を指すための味付けでだったことが解ります。大変参考になる手順でした。

 

いかがでしたでしょうか?問題の感想などございましたら、コメントをいただければ幸いです。

もしよければ、以下の問題にもチャレンジしてみてください!