将棋上達を目指す人のためのブログ

20代になってから勉強を始めて、将棋倶楽部24で六段になった将棋指しが書く

【観戦記】将棋ウォーズ3分切れ負けで華麗な寄せ

リアル対局、オンライン対局問わず、私がリアルタイムで観戦していてこれは凄い!と思った一手や参考になった好手順を紹介します。

当記事で取り上げるのは、将棋ウォーズ3分切れ負けの将棋で、七段の方が見せた終盤の華麗な寄せです。

▲先手:三段の方

▽後手:七段の方 

【図1:▲9六玉 まで】

図1はいま先手が▲9六玉と逃げたところです。「桂頭の玉寄せにくし」という格言通りの図面で、ここからどう寄せるのかな?と思っていたのですが。ここで▽7九金!と打ったのが鮮やかな一手でした。

【図2:▽7九金 まで】

▲同金と取らせて▽8七銀のスペースを作ろうというのが狙いです。これを3分切れ負けの中でほぼ時間を使わずに指せるのは驚愕の一言です。これに対して▲8八金と逃げるのは▽8九金があります。

よって図2以下は▲同金としますが、▽8七銀▲8五玉▽8四歩▲9五玉▽9四歩▲8四玉▽6二馬▲8五玉▽8二飛と進み、即詰みに仕留めました。(図3)

【図3:▽8二飛 まで】

将棋ウォーズの3分切れ負けという条件の中、あまりにも鮮やかな収束で感動しました。