将棋上達を目指す人のためのブログ

20代になってから勉強を始めて、将棋倶楽部24で六段になった将棋指しが書く

【次の一手|プロの実戦】問題90-矢倉の序盤戦

プロ棋士の実戦棋譜から、これは凄い!と感じた一手や、覚えておくと棋力向上に繋がりそうな手筋などを、「次の一手」の問題形式で紹介します。問題を解いて棋力アップを目指してください。

今回は以下の棋戦からの紹介です。

▲日浦市郎八段 △伊藤沙恵女流二段 第90期ヒューリック杯棋聖戦一次予選 より

 

【問題図:▽2三銀 まで】

いま後手が▽2三銀と上がったところです。先手にとってここはチャンスの局面で、後手陣の隙をついた好手順があります。5手先まで読んでください。

 (正解は下にスクロールするとあります)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正解手順は▲同飛成▽同金▲8三銀▽同飛▲6一角です

【正解図:▲6一角 まで】

問題図から▲同飛成とするのが、後手陣の隙をついた強襲です。▽同金に対して先に▲8三銀と打ち捨ててから▲6一角と打つのが好手順です。

▲8三銀と打たずに単に▲6一角と打つのはどうでしょうか。それには▽5二角と受ける手があります。以下一例の手順として、▲8三銀▽6一角▲8二銀成▽2六飛が予想される進行です。(参考図1)

【参考図1:▽2六飛 まで】

参考図1の局面は、先手の▲8二成銀の活用がまだ見込めていません。最終手▽2六飛以下▲3九金には、▽2八歩という確実な攻めがあり、後手も十分戦える局面だと思います。

 

そのため、実戦の▲8三銀▽同飛を決めてから▲6一角という手順のほうが勝ります。

【正解図:▲6一角 まで(再掲)】

正解図以下は ▽8二飛▲4三角成と進みました。次は▲4二金の一手詰ですし、詰めろを受けられても▲2一馬と桂を取る手があり、先手優勢の局面になりました。(図1)

【図1:▲4三角成 まで】

 

いかがでしたでしょうか?問題の感想などございましたら、コメントをいただければ幸いです。

もしよければ、以下の問題にもチャレンジしてみてください!