大人からの将棋上達ブログ

20代から本格的に将棋の勉強を始めて、将棋倶楽部24で六段になった将棋指しによる

【次の一手|プロの実戦】問題108-雁木の中盤戦

プロ棋士の実戦棋譜から、これは凄い!と感じた一手や、覚えておくと棋力向上に繋がりそうな手筋などを、「次の一手」の問題形式で紹介します。

今回は以下の棋戦からの紹介です。

▲青野照市九段 △門倉啓太五段 第77期順位戦C級1組1回戦 より

                              

【問題図:▽1三金 まで】

先手の▲2四歩に対し、いま後手が▽1三金と逃げたところです。攻めを繋げたい先手はここからどう指しますか。

 (正解は下にスクロールするとあります)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                              

正解は▲1五歩です

【正解図:▲1五歩 まで】

先手は自玉が穴熊の堅陣に囲えているため、攻めさえ繋がれば勝ちが近づきます。問題図では5五の角取りになっていますが、構わずに▲1五歩と攻める手が正解です。

正解図以下、▽2五歩▲同飛▽5五銀▲1四歩と攻めます。(図1)

【図1:▲1四歩 まで】

角だけでなく、飛車も逃げず▲1四歩と攻めていきます。これぞ穴熊の暴力という手順です。

実戦は図1以下、▽6六銀▲1三歩成▽3二玉▲4四金▽2五桂▲2三歩成▽4一玉▲6六銀と進みました。(図2)

【図2:▲6六銀 まで】

先手は飛車と角を両方とも差し出しましたが、最終手▲6六銀と取った局面は次に▲3二銀以下の詰めろがかかっています。以下▽6二角と退路を開きますが、▲5三歩以下、先手の攻めが繋がる展開となりました。

穴熊という堅陣を生かした、見事な攻めの手順だったと思います。

 

いかがでしたでしょうか?問題の感想などございましたら、コメントをいただければ幸いです。

もしよければ、以下の問題にもチャレンジしてみてください!

syogiblog.hatenadiary.jp