将棋上達を目指す人のためのブログ

20代になってから勉強を始めて、将棋倶楽部24で六段になった将棋指しが書く

【次の一手|プロの実戦】問題121-矢倉の終盤戦

プロ棋士の実戦棋譜から、これは凄い!と感じた一手や、覚えておくと棋力向上に繋がりそうな手筋などを、「次の一手」の問題形式で紹介します。

今回は以下の棋戦からの紹介です。

▲斎藤慎太郎七段 △郷田真隆九段 第44期棋王戦挑戦者決定トーナメント より

                          

【問題図:▲3五桂 まで】

いま先手が▲3五桂と打ったところです。次に▲5二角成からの攻めを見せられているため、後手はこれを受けなければいけません。どのように受けますか。

 (正解は下にスクロールするとあります)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                          

正解は▽2三桂です

【正解図:▽2三桂 まで】

▽2三桂が受けの手筋です。▲同桂成なら▽同玉と取り、再度の▲3五桂には▽3四玉と上部に逃れることができます。

実戦は正解図以下、▲5二角成▽同金▲4三桂成▽7六歩と進みました。(図1)

【図1:▽7六歩 まで】

先手はやむなく角を切って攻めていきましたが、図1の局面は後手玉がなかなか詰む形が見えてきません。▽2三桂の受けで▲4三桂成と成らされたことで上部から攻めていけない形となり、後手玉の耐久力が一気に上がりました。

一方で▽7六歩と取り込まれた先手玉は、上部から攻められるためわかりやすい寄り形が見えています。▽2三桂という受けの手筋で、先手玉と後手玉の耐久力に差がつく展開となりました。

 

いかがでしたでしょうか?問題の感想などございましたら、コメントをいただければ幸いです。

もしよければ、以下の問題にもチャレンジしてみてください!

syogiblog.hatenadiary.jp