将棋上達を目指す人のためのブログ

20代になってから勉強を始めて、将棋倶楽部24で六段になった将棋指しが書く

【次の一手|プロの実戦】問題130-三間飛車の中盤戦

プロ棋士の実戦棋譜から、これは凄い!と感じた一手や、覚えておくと棋力向上に繋がりそうな手筋などを、「次の一手」の問題形式で紹介します。

今回は以下の棋戦からの紹介です。

▲永瀬拓矢六段 △福崎文吾九段 第75期順位戦C級1組11回戦 より

                            

【問題図:▽3一飛 まで】

先手の▲1二角成に、いま後手が▽3一飛としたところです。と金に当たっていますが、先手はここでどう指しますか。

 (正解は下にスクロールするとあります)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                            

正解は▲4四歩です

【正解図:▲4四歩 まで】

▲2二馬や▲3二歩でも先手が優勢を保てる局面でしょうが、その上を行く好手がありました。それが正解手の▲4四歩です。これは▽3三飛としてと金を取れば、▲3四香と打って飛車を取る狙いです。(参考図1)

【参考図1:▲3四香 まで】

また正解図からと金を取られなければ、次に▲4三歩成としてと金攻めを狙います。実戦も正解図からと金を取らず▽4九飛と打ちましたが、▲4三歩成と二枚目のと金を作ります。(図1)

【図1:▲4三歩成 まで】

問題図から▲2二馬や▲3二歩でと金を守るよりも、はるかに効率の良いと金の守り方です。図1以下は、と金を寄せていく狙いを間に合わすことだけ考えれば良いという、非常にわかりやすい局面にすることができました。

反射的に▲2二馬や▲3二歩としてしまいそうなところ、この▲4四歩が一目で見えた方は相当強いと思います。

 

いかがでしたでしょうか?問題の感想などございましたら、コメントをいただければ幸いです。

もしよければ、以下の問題にもチャレンジしてみてください!