将棋上達を目指す人のためのブログ

20代になってから勉強を始めて、将棋倶楽部24で六段になった将棋指しが書く

【次の一手|プロの実戦】問題44-角換わりの中盤戦

プロ棋士の実戦棋譜から、これは凄い!と感じた一手や、覚えておくと棋力向上に繋がりそうな手筋などを、「次の一手」の問題形式で紹介します。問題を解いて棋力アップを目指してください。

今回は以下の棋戦からの紹介です。

▲中村太地王座 △佐々木勇気六段 第31期竜王戦3組ランキング戦 より

【問題図:▲2五歩 まで】

いま先手が▲2五歩と打った局面です。▽同歩は▲同銀で先手の攻めに勢いがつきますので、後手も攻めの手を考えたいところです。後手の次の一手を考えてみてください。

 (正解は下にスクロールするとあります)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正解は▽8八歩です

【正解図:▽8八歩 まで】

▽4四角などを読まれた方は非常に筋が良いと思います。▽4四角の前に▽8八歩と打つのが急所です。▲同金は壁型になってしまうので、▽6五桂▲6六角▽5七歩のように、逆サイドから攻められるのが気になるところです。(参考図1)

【参考図1:▽5七歩 まで】

よって、実戦は正解図より▲同玉としましたが、そこで▽4四角(図1)が痛打です。

【図1:▽4四角 まで】

▽8八歩を効かすことで、この角打ちがより厳しい手になっています。

実戦は図1以下▲9八玉と逃げましたが、▽6五桂と畳みかけ、以下は後手の佐々木六段が快勝しています。

 

いかがでしたでしょうか?問題の感想などございましたら、コメントをいただければ幸いです。