将棋上達を目指す人のためのブログ

20代から本格的に勉強を始め、将棋倶楽部24で六段になった将棋指しによる

【次の一手】実戦に生かせる好手順 友人の棋譜より2題

終盤戦の次の一手問題2題。実戦に活用できる考え方を、問題を通して取得できると思う。ソースは友人の対局より。

レーティングに振り回されない将棋上達法

将棋の棋力において、指標によく用いられるのが将棋倶楽部24のレーティング。「24のレーティングをいついつまでに〇〇点にする!」というように、目標設定にする人が多い。 けど、このレーティングに固執するのは危険。レーティングは参考値くらいのお付…

【次の一手】候補手の出し方から決断までのプロセス

次の一手問題を通して、次の一手の候補手の出し方など、読みのプロセスを紹介してみました。 読みの思考プロセスを言語化したため、文章量がやや多めです。

【次の一手|自戦棋譜】居飛車対振り飛車編

次の一手問題を自戦棋譜から作ってみた。(たまに観戦棋譜から) 需要がありそうな、居飛車対振り飛車の将棋について集めてみた。 解説はあっさり目だが、少しでも参考になれば。

2018年の振り返り(将棋だけ)

2018年も残すところあと僅か。 個人的に今年はもう仕事納めで、年越しを待つのみ。 折角なので1年(将棋だけ)を振り返る。 将棋ブログを開設 今年4月1日に当ブログを開設した。将棋に触れる時間を意識的に作りたかったのがきっかけ。後は、将棋の普…

僕はマルチタスクが苦手、でも将棋はいつもマルチタスク。

僕は将棋に限らず、基本1度に考えられるのは1つだけ。 並列に考えれるのは2つが限界だし、それやると思考の精度はガクンと落ちる。 それが3つ以上になったりすると、頭から湯気が湧き出ちゃうみたい。 モノタスクのやり取り だから、誰かに将棋を教える…

社団戦振り返り

10月28日(日)は社団戦最終日でした。チームは最終日も勝ち星が伸ばせず、残念ながら降級となりました。社団戦のリーグも気が付けば7部まで存在しており、全体のレベル、層の厚さは高くなっている印象でした。 社団戦を通してレベルアップ 個人の成績…

【次の一手|プロの実戦】問題131-角換わりの中盤戦

プロの公式戦で現れたこれは凄い!と感じた一手を、「次の一手」の問題形式で紹介します。 ▲永瀬拓矢七段 △阿部光瑠六段 第60期王位戦予選

【観戦記】【次の一手】某アマ強豪の棋譜より

社団戦にて、学生時代から交流いただけているアマ強豪の方の棋譜をご提供いただきました。学生名人戦で3位に入るなどの実績がある強豪です。 当記事で取り上げるのは、中盤から終盤の攻めの繋げ方です。一見細く見える攻めを繋げるテクニックについて学びま…

社団戦4日目に参加してきました

9月23日に社団戦の4日目が行われました。4日目は団体個人戦です。東京アマチュア将棋連盟のレーティング順位ごとにグループに分けられ、同レート帯の相手と4局指すことになります。個人の成績が最終的には所属チームの成績に反映されるため、出場選手…

社団戦3日目に参加してきました

8月26日に社団戦の3日目が行われました。社団戦も後半戦に突入し、来シーズンに向けて上位チームは昇級争い、下位チームは残留争いが繰り広げられています。ちなみに僕の参加チームは思うように勝ち星が伸びておらず、残留争いを戦っています。なんとか…

永瀬拓矢七段の「負けない将棋講座」に参加しました

先日、将棋の森の将棋講座に参加してきました。講座に永瀬拓矢さんがお見えになるということで、仕事終わりに吉祥寺にある教室に足を運んできました。講座のテーマは「負けない将棋講座」で、永瀬さんの実戦棋譜を題材に、局面が悪い時の考え方などを説明い…