将棋上達を目指す人のためのブログ

20代になってから勉強を始めて、将棋倶楽部24で六段になった将棋指しが書く

【次の一手|プロの実戦】問題122-三間飛車の中盤戦

プロ棋士の実戦棋譜から、これは凄い!と感じた一手や、覚えておくと棋力向上に繋がりそうな手筋などを、「次の一手」の問題形式で紹介します。

今回は以下の棋戦からの紹介です。

▲三枚堂達也六段 △杉本和陽四段 第90期ヒューリック杯棋聖戦一次予選 より

                                    

【問題図:▽7四香 まで】

いま後手が▽7四香と打ったところです。次の狙いは当然▽7七香成ですが、先手はこれをどう受けますか。

 (正解は下にスクロールするとあります)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                    

正解は▲6六銀です

【正解図:▲6六銀 まで】

▲6六銀と受けるのが正解です。代えて▲7六歩と受けるのが自然に見えますが、以下▽8四桂▲6八桂▽5七銀が進行の一例です。(参考図1)

【参考図1:▽5七銀 まで】 

この変化も先手悪くはありませんが、▲5五銀の働きが気になるところです。参考図1の最終手▽5七銀と打った局面は、後手にも楽しみのある局面だと思います。

 

正解手の▲6六銀以下▽7七香成とするのは、▲同銀と取った形が先手陣に全く嫌味がありません。

実戦は正解図以下、▽6五歩▲7五歩▽6六歩▲7四歩と進みます。(図1)

【図1:▲7四歩 まで】

一連のやり取りで香銀交換の駒損にはなったものの、先手の堅陣は健在です。次に▲7五桂など上部からの攻めが楽しみで、入手した香も生きる展開となりそうです。

この一連の手順によって、問題図で働きが曖昧だった5五の銀を捌き、攻め駒を増やすことができました。図1の局面は先手に一枚もたりとも遊びゴマが無く、中盤を完全に制した局面と言えると思います。

 

いかがでしたでしょうか?問題の感想などございましたら、コメントをいただければ幸いです。

もしよければ、以下の問題にもチャレンジしてみてください!

syogiblog.hatenadiary.jp